Press Release プレスリリース

2011.08.05

サマーソニック2011(東京会場)で、シボレー・ブースを出展

~ いま、話題の次世代SUV「シボレー・キャプティバ」をはじめ、Coolで、Funで、Freedomな最新シボレー・ラインアップが、サマーソニック2011に集合! ~

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井澄人)は、2011年8月13日(土)から14日(日)に、千葉県幕張・QVCマリンフィールドで開催する「サマーソニック2011」に、シボレー・ブースを出展し、いま、話題の次世代SUV「シボレー・キャプティバ」(7月30日発表開始)、現代アメリカを代表するスポーツモデル「シボレー・カマロ・コンバーチブル」(7月15日発売開始)、スモールカー「シボレー・ソニック」(今秋発売開始予定)を展示します。

■期間:2011年8月13日(土)~14日(日)
■展示時間:午前10時~午後10時
■場所:QVCマリンフィールド(旧名:千葉ロッテ・マリーンスタジアム)のメインゲート左側展示ブース

■展示車両:
- 次世代SUV「シボレー・キャプティバ」(7月30日発表開始)
- 現代アメリカを代表するスポーツモデル「シボレー・カマロ・コンバーチブル」(7月15日発売開始)
- スモールカー「シボレー・ソニック」(今秋発売開始予定)


シボレー・ブランドは、 シボレーを運転する全てのドライバーと乗車する全ての方たちに、「Cool(かっこいい)」で、「Fun(楽しい)」で、「Freedom(自由な)」気持ちになる今時のグローバル・アメリカン・ブランドです。 シボレー・ブランドのクルマは、情熱、大胆なデザイン、実用性を兼ね備えています。

■次世代SUV「シボレー・キャプティバ」
「シボレー・キャプティバ」は、休日や余暇を家族や仲間同士で、スポーツや音楽、アウトドア、国内旅行などを楽しむアクティブな人たちのライフスタイルに合ったCool(かっこいい)、Fun(楽しい)、Freedom(自由な)といったシボレーの特徴を持ち合わせた次世代SUVです。
http://www.chevrolet.co.jp/captiva/

- シボレー・キャプティバ(ボディカラー:ポセイドン ブルー マイカ):3,540,000円(消費税込価格)
- オプション・ボディカラー(カーボン フラッシュ メタリック、ホワイト パール、スイッチ ブレイド シルバー メタリック、ムーラン ルージュ レッド メタリック):63,000円(消費税込価格)
- ラグジュアリー パッケージ(レザー・シート、フロント・シート・ヒーター、電動スライディング・サンルーフ):350,000円(消費税込価格)

■現代アメリカを代表するスポーツモデル「シボレー・カマロ・コンバーチブル」
シボレー・カマロ・コンバーチブルは、初代「カマロ」の伝統的なデザインを引き継ぎ、力強く、風格があり、大胆なフォルムを持ち、かつ、シボレー・ブランドの特徴であるクール(かっこいい)、ファン(楽しい)、フリーダム(自由な)を持ち合わせた現代のグローバル・アメリカン・ブランドを代表するスポーツモデルです。
http://www.chevrolet.co.jp/camaro/
- シボレー・カマロ・コンバーチブル:4,990,000円(消費税込価格)
- 標準仕様カラー:シルバー アイス(メタリック)、ブラック、ビクトリー レッド、サミット ホワイト
- 有償ペイント(63,000円/消費税込価格):ラリー イエロー、インフェルノ オレンジ(メタリック)

■スモールカー「シボレー・ソニック」
- シボレー・ソニックの一般公開は、本イベントが初となります。日本での発売は、2011年秋の予定です。価格、スペックなど詳細は現在未定です。


シボレーについて
「シボレー」は1911年にアメリカで誕生し、2011年に記念すべき100周年を迎えました。アメリカの「パッション」と「実用性」を兼ね備えたシボレーは幅広い層からの人気を集め、現在では同国を代表するブランドとして揺るぎない地位を築いています。自動車のラインナップも豊富で、シボレー・カマロやシボレー・コルベットといったシボレーを象徴する自動車だけでなく、シボレー・ベルエア、シボレー・インパラ、シボレー・サバーバンといった特徴的な車種も数多く輩出しています。日本での歴史も古く、1920年代から30年代にかけて、大阪でシボレーが製造されていました。当時の製造と販売に携わったメンバーは、その後の日本国内自動車産業の礎を築いています。