Press Release プレスリリース

2010.11.24

GMAPJ、シボレー コルベット2011年モデルの導入を発表 さらに世界限定500台生産Z06 カーボン リミテッド エディションも来春導入へ

 ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役 石井澄人)は、
2011年モデル コルベット クーペ、コンバーチブル、Z06、ZR1の導入を発表いたしました。

 2011年モデルのコルベットは、クーペとコンバーチブルでホイールデザイン変更、Z06とZR1ではマニュアル トランスミッションのシフトフィール改良等を行い、アメリカンスーパースポーツの真髄ともいえるその存在感とパフォーマンスを、さらに引き上げるべく改良が施されたラインナップとなっております。2011年モデル コルベットは2010年12月上旬よりGM正規販売店を通じて販売開始予定となっております。

 また、来春導入予定として発表された特別モデルとなるコルベット Z06 カーボン リミテッド エディションは、コルベットがル・マン24時間耐久レースに参戦してから50周年になるのを記念したスペシャルモデル。世界限定500台生産の内、10台が日本に入荷予定で、ZR1と同様のBrembo社製カーボンセラミックブレーキのほか、フロント19インチ、リア20インチアルミホイール(ブラック)、ミシュランPS2タイヤ、マグネティック セレクティブ ライドコントロール、内装にはスウェードを
ふんだんに使った専用インテリア等、限定車としての魅力溢れる仕様であるとともに、自然吸気エンジンのコルベットで最高のパフォーマンスを実現するモデルとなっております。

そしてZR1と共通デザインのフロント19インチ、リア20インチ アルミホイール(コンペティショングレー)/ミシュランPS2タイヤ、Brembo社製カーボンセラミックブレーキ、マグネティック セレクティブ ライドコントロール、カーボン製エアロパーツ等といった究極の走りを実現する為に必要なアイテムを、新たに「アルティメット パフォーマンス パッケージ」としてZ06に工場オプション設定を行い、幅広いスポーツカーエンスージアストの要求に応えるバリエーション拡大を行った。

■2011年モデル主な変更点 < >内は対象モデル
・ホイールデザイン変更 <クーペ、コンバーチブル>
・パドルシフトはSポジションに加えて、Dポジションでも使用可能 <クーペ、コンバーチブル>
・シートのヘッドレスト部デザイン改良 <クーペ、コンバーチブル、Z06、ZR1>
・マニュアル トランスミッションのシフトフィール改良 <Z06、ZR1>

■コルベット Z06 カーボン リミテッド エディションの特別装備
・スウェード インテリア(ブルー or オレンジステッチ入り)
・ボディカラー(インフェルノオレンジ、またはスーパーソニックブルー)
・Brembo社製カーボンセラミック ディスクブレーキ ローター付強化ブレーキ(フロント:6ピストン/リア:4ピストン)
・前輪:19インチ、後輪:20インチアルミホイール(ブラック)
・ミシュランパイロットスポーツ2(PS2)タイヤ(前輪:P285/30ZR19、後輪:P335/25ZR20)
・マグネティック セレクティブ ライドコントロール
・エンハンスド クーリング
・ブラックカラード ヘッドランプ
・ブラックカラード ドアミラー
・ボディカラード スポイラー
・カーボンファイバー エンジンフード
・ブラック カーボンファイバー ロッカー&フロントスプリッター

■「アルティメット パフォーマンス パッケージ」(Z06にオプション)
・Brembo社製カーボンセラミック ディスクブレーキ ローター付強化ブレーキ(フロント:6ピストン/リア:4ピストン)
・前輪:19インチ、後輪:20インチアルミホイール(コンペティショングレー)
・ミシュランパイロットスポーツ2(PS2)タイヤ(前輪:P285/30ZR19、後輪:P335/25ZR20)
・マグネティック セレクティブ ライドコントロール
・エンハンスド クーリング
・ブラックカラード ヘッドランプ
・ブラック カーボンファイバー ロッカー&フロントスプリッター
・ボディカラード ワイド リアスポイラー(ZR1タイプ)
・ブラックカラード カーボンファイバー ルーフ

■メーカー希望小売価格 (消費税込み価格)
・コルベット クーペ :7,550,000円
・コルベット コンバーチブル :8,750,000円
・コルベット Z06 :9,850,000円
・コルベット Z06 カーボン リミテッドエディション(来春導入予定) :11,900,000円(予定価格)
・コルベット ZR1 :14,900,000円

・有償ペイント :126,000円
・ツートーン レザーシート(クーペ、コンバーチブルにオプション) :200,000円
・カスタム レザーラップ インテリア(クーペ、コンバーチブル、Z06にオプション) :693,000円
・アルティメット パフォーマンス パッケージ(Z06にオプション) :1,700,000円
・クローム ホイール(ZR1にオプション) :262,500円


■参考:コルベットの歴史
第2次大戦後、英国に進駐していた米兵たちがブリティッシュ・スポーツカーを本国に持ち帰ったことからコルベットの歴史は始まりました。この2シーターのライトウェイト・スポーツカーの存在を初めて知り、大いに刺激を受けた当時のGMのスタイリング部門の責任者ハーリー・J・アールは、全く新しいスポーツカーの構想を打ち出しました。1952年に実物大のクレーモデルとしてGM主催のモーターショーに出展されたこのスポーツカーは予想を大きく上回る反響を受け、このわずか数ヶ月後には製品化されるに至りました。小型高速護衛艦「コルベット艦」の名前を冠した、流麗で迫力のあるボディを持つ、スポーツカー誕生の瞬間でした。こうして、それまでのアメリカ車の前例を覆す全く新しいスポーツカーとして誕生したコルベットは、ますますアメリカンスーパースポーツカーの地位を不動のものとしています。

コルベットの歴史は、モータースポーツの歴史といっても過言ではありません。1999年からALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)に参加、2000年からはル・マン24時間耐久レースにも参加しているコルベットは、モータースポーツへと積極的にかかわることで、その開発と進化に生かすためのデータを絶えず蓄積してきました。また、レースモデルと量産モデルの開発担当者が相互の密なコミュニケーションにより、ノウハウを共有・フィードバックすることで大きな開発成果を上げ、新しいモデルが登場する度に進化を重ねることに成功しています。今回発表された2011年モデルも、GMがその技術と情熱を注ぎ込んだ、妥協のないモデルとなっております。

以上