Press Release プレスリリース

2011.01.07

北米GM、2010年度販売台数は21%増、12月は16%増と、2010年度月間最高を記録

・2010年のGM4ブランドの総販売台数は、2009年に8ブランドで達成した総販売台数より11万8,435台増加
・12月の小売販売台数は27%増と、2010年度月間最高を記録
・シボレーの年間販売台数は16%増
・ビュイックの年間販売台数は52%増と、主要ブランドで最大の伸び率
・GMCの年間販売台数は29%増
・キャデラックの年間販売台数は35%増と、主要ラグジュアリーブランドの中でのシェア増加率首位を獲得


デトロイト - 米ゼネラルモーターズ(以下GM)の2010年12月における4ブランドの北米総販売台数は、前年同月比16%増の22万3,932台となった。これは、小売販売台数(※)が前年同月比で27%増と堅調に推移したことによるものである。一方、2010年通年におけるGM4ブランドの総販売台数は、前年比21%増の220万2,927台、小売販売台数(※)は同16%増となった。2010年におけるGM4ブランドの総販売台数は、2009年に8ブランドで達成した総販売台数を11万8,435台上回る結果となった。今後、総販売台数、小売販売台数ともに市場シェアが高まるものと予想される。
12月の総販売台数には、レンタカー会社向けのフリート販売台数の減少が反映されている。同月におけるフリート販売台数は、GMの総販売台数の17%であった。

※フリート販売は含まず

12月は、業界随一のラインナップを誇るGMの低燃費クロスオーバーの販売も、引き続き好調であった。同月におけるクロスオーバーの販売台数は前年同期比42%増となり、年間では前年比50%増となった。2010年の米国でのGMクロスオーバーの販売台数は56万7,458台と、他の自動車メーカーを大きく引き離すものとなっている。2005年以降、米国市場におけるクロスオーバーの比率は倍増し、業界全体では約22%を占めるまでに成長した。その中でGMクロスオーバーモデルの比率は3倍を超える伸びを示し、今では同社の販売総数の26%を占めている。

12月のシボレー「エクイノックス」およびGMC「テレーン」の販売台数は、十分な在庫を確保により供給が安定し、エクイノックス2万2,764台、テレーン9,303台といずれも過去最高を記録するなど、GMのクロスオーバー人気を牽引した。一方、通年における販売台数はそれぞれ前年比74%増、331%増となり、年初来では推定27%増となったコンパクト・クロスオーバー・セグメントで大きくシェアを伸ばした。一方、ラグジュアリー・クロスオーバー・モデル、キャデラック「SRX」の年間販売台数は152%増となり、セグメント首位のシェアを獲得した。

GMのフルサイズ・ピックアップトラックにおける12月の販売台数は前年比29%増と、高い販売比率を誇った前年モデルの記録を一気に塗り替える結果となった。同月販売されたGMのフルサイズ・ピックアップトラックの89%は2011年モデルだった。2009年12月に2010年モデルの販売が22%だったことを考えると、ニューモデルが圧倒的な人気を集めているといえる。シボレー「アバランチ」、シボレー「シルバラード」、GMC「シエラ」の各フルサイズ・ピックアップトラックの2010年における販売台数は、合計で前年比17%増の52万444台となった。

12月のGM乗用車の総販売台数は、フリート販売の減少が響き、前年同月比6%減となった。しかし、同月における乗用車の小売販売台数は、新型シボレー「クルーズ」、ビュイック「リーガル」、キャデラック「CTSクーペ」の需要増により14%増加した。年間におけるGM乗用車の販売台数は20%増となった。

12月末の米国における販売店在庫数は約51万1,000台で、前月比で約2万5,000台減、前年同月比で約12万6,000台増となった。

■2010年度の要点
・GM4ブランドの年初来の総販売台数は21%増、小売販売台数は16%増
・2010年のGM4ブランドの総販売台数は、2009年に8ブランドで達成した総販売台数に比べ、11万8,435台増加
・コンパクト・クロスオーバー、シボレー「エクイノックス」とGMC「テレーン」の販売台数は110%増
・ミッドサイズ・クロスオーバーのビュイック「エンクレーブ」とシボレー「トラバース」、GMC「アカディア」の販売台数は23%増
・ラグジュアリー・クロスオーバーのキャデラック「SRX」の販売台数は152%増
・他社の追随を許さない、最もスタイリッシュで低燃費なクロスオーバーを米国市場に投入したことで、同市場での販売台数は昨年比50%増の56万7,458台を記録
・フルサイズ・ピックアップトラックの年間販売台数は、前年比17%増の52万444台
・GM4ブランドの乗用車の年間販売台数は前年比20%増の80万4,511台

■各ブランドの要点
<シボレー>
シボレーの12月の販売総数は14万7,960台で、前年同月比9%増となった。同月の小売販売台数は21%増と、2009年8月以来月間最高を記録した。好調の要因は、「クルーズ」の販売が上向いたこと、「シルバラード」および「エクイノックス」の小売販売がそれぞれ30%、90%増と堅調な伸びを示したことによる。「エクイノックス」の12月の販売台数は在庫増に助けられ、月間最高記録を更新した。シボレーの年初来の販売総数は16%増加した。

<ビュイック>
米国市場の主要ブランドの中でも最速の成長を見せているビュイックの販売総数は1万7,095台で、前年比40%増となった。これには15カ月連続で増加し、前年比48%増となった小売販売台数も含まれる。ビュイックブランドの年間販売総数は52%増加した。
<GMC>
GMCの12月の販売総数は4万2,159台で、前年同月比35%増と、15カ月連続で増加した。GMCブランドの小売販売台数は、「シエラ」40%増、「アカディア」46%増、「テレーン」73%増と、3車種の好調に牽引され、前年比40%の増加となった。同ブランドの年間販売総数は29%の増加となった。

<キャデラック>
米国で最速の成長を遂げるラグジュアリーブランド、キャデラックの12月の販売総数は1万6,718台で、前年同月比13%増、小売販売台数は28%増となり、総販売台数、小売販売台数ともに11カ月連続の増加となった。「SRX」の小売販売台数は前年比16%増と、月間過去最高記録を更新した。「CTS」の小売販売台数は新型「CTSクーペ」への力強い需要に牽引され、70%増となった。「エスカレード」の小売販売台数は前年比30%増と、2008年12月以来の月間最高を記録した。キャデラックの年間販売総数は35%の増加となった。

<フリート販売>
GM4ブランドの12月のフリート販売台数は3万7,658台と、レンタルフリート販売が35%減少したことにより、前年同月比21%の減少となった。同月の商用フリートは8%増加し、9カ月連続の伸びを記録した。


■U.S.セールスオペレーション担当副社長ドン・ジョンソンのコメント
GMのU.S.セールスオペレーション担当副社長、ドン・ジョンソンによると、2010年度の業績結果には、新生GMが焦点を当ててきた内容が示されているという。
ジョンソン副社長は、「今年度の実績には、GMが掲げる新たなビジネスモデルの影響が反映されている。我々が一貫して好業績を達成できたのも、ブランド、ディーラー、顧客に焦点を当ててきた成果であると同時に、全製品の販売に、日々アグレッシブかつ競争心を持って取り組んできた証である」と述べた。
また、ジョンソン副社長は、「クロスオーバー市場は、消費者が求める2つの相反する要求を満足させた例といえる。今後一層、消費者は、32mpg(13.5km/L)の高速モード燃費を実現するシボレー「エクイノックス」やGMC「テレーン」のような低燃費クロスオーバーの購入を選択するようになるだろう。これらのクロスオーバーは、消費者が求める「快適性」、「利便性」、「品質」のすべてを満たしている」と語っている。


以上