Press Release プレスリリース

2011.04.19

GM中国、継続的な成功のための5カ年計画を発表

~ GMは、5年間で、60以上の新モデルと主要製品のアップグレード車を導入 ~
~ GMは、電動化において、自動車産業をリードする ~
~ GMは、持続可能な輸送のビジョンを実行 ~
~ GMは、5年間で、およそ500万台、2倍の売上台数を目指す ~

(2011年4月18日、中国・上海発)

GM中国は、本日、第14 回上海国際汽車工業展覧会(2011上海モーターショー)に先がけ、自動車メーカー最大の市場である中国において、継続的な成功のための5カ年計画を発表しました。

GM中国の社長兼マネージング・ディレクターであるケビン・ウェールは、「過去15年以上にわたり、ゼネラルモーターズ(GM)は、中国におけるビジネスの全領域において、ブランド、製品ラインアップ、新しいビジネスの機会、私たち自身、そして、パートナーと共に成長することにフォーカスしてきました。私たちは、多くを成し得ましたが、成し得なければならないことが、まだあります」と述べています。

■60以上の新モデルとアップグレード・モデルを導入
GMは、市場の異なった、絶えず変化する需要を満たすため、また、適時適正な製品を顧客に提供するため、マルチ・ブランド戦略を採用しています。

今後5年間、GMは、60以上の新モデルと主要製品のアップグレードした車を導入します。2つの主流のブランドであるビュイックとシボレーが、約半分を占めます。

ビュイックは、中国において、リーディング・プレミアム・ブランドとしてのイメージを拡大するため、12の新車とアップグレード車を導入します。加えて、ビュイックは、新しいボディ・スタイルや新たなライフスタイルのための自動車、そして、最新の技術を顧客に提供します。

また、シボレーは、小型車からミドルセダンまで、15の新しいモデルとアップグレードした車を導入し、さらに、SUVsと高性能な新しいラインアップを市場に導入します。

ケビン・ウェールは、「GMは、上海でのPATAC(パン・アジア・テクニカル・オートモーティブ・センター)など、合弁事業を含め、車両を開発していきます。また、新シボレー・セイルとビュイックGL8のような成功している新モデルおよびBaojun630は、全て中国で開発された車です。GMの商品開発力は、市場と顧客のユニークな需要を満たすことを可能にします」と述べています。

■電動化において自動車産業をリード
今年の後半、航続距離延長型電気自動車「シボレー・ボルト」を中国市場に導入します。先月、シボレー・ボルトは、上海から杭州までノンストップで走行した最初の電気自動車になりました。

シボレー・ボルトと昨年、2010年上海万博で披露したElectric Networked-Vehicle(EN-V)は、上海市政府のニュー・エナジー・プロモーション・オフィスによる実証プログラムに参加すると発表しました。このプログラムは、嘉定区(Jiading)にあるインターナショナルEVパイロット・サイトで開かれます。

2010年12月、上海GMは、上海GMとPATACが開発したバッテリー電気自動車のコンセプト・カーを紹介しました。運転可能なバッテリー電気自動車は、この度の上海モーターショー2011で紹介されます。

GMは、eAssist搭載の新ビュイック・ラクロスを導入し、25パーセントの燃費改良を提供します。上海モーターショー2011では、プラグイン・ハイブリッド技術の共有を基にしたビュイック・エンビジョンSUVコンセプト・カーが展示されます。また、GMは、バッテリー技術を探るため、上海に新しいGM 先端技術センターで、バッテリー研究所を設立し、戦略パートナーである上海汽車工業総公司(SAIC)と次世代電気自動車構造を共同開発する事も計画しています。

■持続可能な輸送のビジョンを実行
昨年、2010年上海万博において、GMは、2030年に向けての持続可能な都市交通のビジョンを紹介しました。上海汽車工業総公司(SAIC)とGMの共同パビリオンでは、石油、エミッション、事故、交通渋滞から放たれ、自由であると約束する未来像を披露しました。

また、2010年上海万博において、GM Sustainable Urban Mobility Blue Paperを発行しました。 5か年計画において、GMは、ビジョンを実施するためのイニシアチブを取っています。

4月17日、GMは、天津エコシティー投資開発(SSTEC)と調印しました。GMは、2010年上海万博で話題となったEN-Vの次世代型をリアルな環境でテストするために導入します。契約の一部として、GMは、交通インフラに移動用インターネットを組み入れるため、実行の可能性の調査を開始します。

■およそ500万台、2倍の売上台数を目指す
GMは、自動車産業をリードし続けていくための全ての原理を持っています。さらに、中国市場が提供する優れた機会を活用するため、GMは、2015年までに2010年の約235万台から約500万台へ、また、売上台数を2倍にする計画です。

ケビン・ウェールは、「私たちGMは、5カ年計画の中で、いくつかのアグレッシブな目標を設定しました。私たちGMが、すばらしい製品を中国の消費者に供給することで、目標を達成することができると確信している」と述べています。