Press Release プレスリリース

2011.04.25

2011WTCC 第2戦の第1レースでシボレー・クルーズが快挙!

WTCC~ 第1レースでハフ選手、メニュ選手、ミューラー選手の3選手が1、2、3位を独占 ~
~ 第2レースでは、惜しくも、ミューラー選手は2位となり、表彰台へ ~

(2011年4月24日、ベルギー・ゾルダー発)
2011年WTCC(世界ツーリングカー選手権)の第2戦が、2011年4月24日、ベルギーのゾルダー・サーキットで行われ、第1レースで、シボレーチームは、ロブ・ハフ選手が1位、アラン・メニュ選手が2位、イヴァン・ミューラー選手が3位と、1,2,3フィニュシュを飾り、今シーズン初の快挙を達成し、シボレーチームのドライバーが表彰台を独占した。続く第2レースでは、惜しくも、トップは逃したが、ミューラー選手が2位となり、再び、表彰台に上った。

この度の快挙により、新しいシボレー・クルーズ1.6ターボが、世界最高峰のツーリングカーレースであるWTCCで最も競争力がある車であることが証明できた。シボレーチームは、2011WTCC第2戦での素晴らしい勝利を誇りに思う。

次回の2011年の世界ツーリングカー選手権(WTCC)は、5月14日~15日に、イタリアのモンツァ・サーキットで開催される。なお、日本での開催は、第10戦目が10月21日~23日に、三重県の鈴鹿サーキットで予定されている。


■シボレーとレースについて
「『競争』は私たちの遺伝子の中に」-シボレーが掲げるコンセプトの通り、20世紀のはじめにシボレー・ブランドの創始者であるルイ・シボレー自らが作った車でレースに参加して以降、シボレーは数多くのレースに参加するとともに、多くの名誉ある勝利を重ねてきた。その裏側には、レーシングによって課せられる厳しい条件を、シボレーの新技術の有用性を試すための性能実験場として活用してきたシボレーならではの戦略と努力があった。シボレー・クルーズは、今年、WTCCの他、 英国BTCCに参加予定。また、シボレーコルベットC6Rは、アメリカン・ルマン・シリーズGTクラスに参加し、世界的に有名な24時間耐久レース“ルマン24”に参戦予定。