Press Release プレスリリース

2012.03.07

2012年WTCC開幕:シボレーチーム、3連覇に挑戦

シボレードライバーズ2012 WTCCいよいよ今週末開幕!!
昨年のディフェンディング・チャンピオン、3連覇に挑戦
シボレーチーム内でのドライバー同志の戦いも激化


ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井澄人)は、今週末(2012年3月11日)、イタリアの伝統あるモンツァ・サーキットで開幕する2012年WTCC(世界ツーリングカー選手権)にシボレーチームが参戦することを発表しました。

今年は、昨年のセアト、BMWに加えてフォード・ワークスチームが参戦し、また、シーズン途中から、ホンダとラーダが加わることが決まっており、より一層の激しいバトルが期待されています。

昨年のディフェンディング・チャンピオン(2010年と2011年に連覇)であるシボレーチームは、昨年、ドライバーズ・チャンピオンシップを獲得したイヴァン・ミューラー選手(フランス)、同2位のロブ・ハフ選手(イギリス)、同3位のアラン・メニュ(スイス)選手が、シボレー クルーズで参戦します。なお、レース車両は、イギリスのレーシシング会社であるRML(レイ・マロック・リミテッド)が運営します。

第1戦のモンツァでは、イギリスのプライベート・チームであるバンブー・レーシングのアレックス・マクドウェル選手、パスカル・ディ・サバティーニ選手やシボレー・モータースポーツ・スウェーデンでエントリーするリカルド・リデル選手が参戦することが決まっています。

シボレーチームは、2年連続でマニュファクチャラーズ・チャンピオンを獲得しており、今年は、3連覇に挑みます。さらに、ドライバーズタイトルにおいても、昨年トップ3を独占した3選手のシボレーチーム内での争いも激化することが予想されます。

昨シーズン、シボレーチームは、全12戦、24レースのうち、21勝し、ダブルウイン(1,2位フィニッシュ)が9回、トリプルウイン(1,2,3位フィニッシュ)が6回、表彰台へは、51回登壇し、世界中のモータースポーツファンに圧倒的な強さを披露しました。


■エリック・ネーブ監督(シボレーチーム)のコメント

「シボレーは、今年も優勝候補と思われているようだが、3年間トップを維持することは、どのスポーツにおいても、チャレンジングなこと。競合チームは、良い意味で、私たちにプレッシャーを与えてくれている。例えば、アメリカの伝統的なメーカーであるフォードの参戦は嬉しく思うし、日本のグローバルメーカーであるホンダがチャンピオンシップに参加することは良いニュース。今シーズン、シボレーの車両に大きな変更点はないが、インタークーラー、エンジン制御、サスペンションなど、細かい改善を数多く行っている。昨年は、チーム内でドライバーズ・チャンピオンシップ争いをしたが、シボレーチームのガイドラインである相手をリスペクトすることが守られ、また、1回もチームオーダーなしに、非常にエキサイティングなレースをモータースポーツファンに提供することができた。チームメンバー一同、今年の開幕を楽しみにしている。」

なお、WTCC日本ラウンドは、第10戦目として10月19日(金)~21日(日)に、三重県の鈴鹿サーキットで開催される予定です。その他のスケジュールは下記の通りです。

■2012 WTCCスケジュール
- 3月11日 イタリア・モンツァ
- 4月1日 スペイン・バレンシア
- 4月15日 モロッコ・マラケシュ
- 4月29日 スロバキア・ブラチスラヴァ
- 5月6日 ハンガリー・ブタペスト
- 5月20日 オーストリア・ザルツブルグリング
- 6月10日 ポルトガル・エストリル
- 7月22日 ブラジル・クリチバ
- 9月23日 アメリカ・ソノマ
- 10月21日 日本・鈴鹿
- 11月4日 中国・上海
- 11月18日 中国・マカオ


■シボレーとレースについて

「シボレー」は1911年にアメリカで誕生し、昨年11月に、ブランド創立100周年を迎えました。「『競争』は私たちの遺伝子の中に」-シボレーが掲げるコンセプトの通り、20世紀のはじめにシボレー・ブランドの創始者であるルイ・シボレー自らが作った車でレースに参加して以降、シボレーは数多くのレースに参加するとともに、多くの名誉ある勝利を重ねてきた。その裏側には、モータースポーツによって課せられる厳しい条件を、シボレーの新技術の有用性を試すための性能実験場として活用してきたシボレーならではの戦略と努力がありました。昨年の6月、シボレー・コルベットC6.Rは、世界的に有名なル・マン24時間耐久レースに参加し、GTカー部門で見事、優勝を果たした。さらに、今年から米国インディーカー・シリーズに再参戦することが決まっています。なお、シボレーについての詳細は、Webサイト(http://www.chevrolet.co.jp/)をご参照ください。