Press Release プレスリリース

2012.05.01

2012 WTCCスロバキア シボレーチームが1,2フィニッシュ!

シボレー クルーズ2012 WTCCスロバキア シボレーチームが1,2フィニッシュ!
WTCC初開催のスロバキアで、シボレー クルーズの強さを披露

シボレーチームは、2012年4月29日にチェコのスロバキアで開催された2012年WTCC(世界ツーリングカー選手権)において、レース1は、アラン・メニュ選手(スイス)が3位、イヴァン・ミューラー選手(フランス)が11位、ロバート・ハフ選手(イギリス)が17位と、久々に厳しいレース展開でした。しかしながら、レース2では、ハフ選手が1位、ミューラー選手が2位と続き、シボレーチームが1,2フィニッシュを飾りました。


■ロバート・ハフ選手(レース1:17位/レース2:優勝)のコメント
「ようやく勝つことができた!第1レースのアクシデントでダメージを受けたので、第2レースで優勝できるなんて思いもよらなかった。マシーンの修理を時間ギリギリで間に合わせてくれたチームの皆のお陰だ」

■イヴァン・ミューラー選手(レース1:11位/レース2:2位)
「今週の結果は、ちょっと残念だったが、チャンピオンシップを考えると、まずまずだった。第1レースでは他車と接触してしまったが、ペナルティを受けるほどでもなかったと思う。第2レースでは何とか2位まで上がることができたので満足している」

■アラン・メニュ選手(レース1:3位/レース2:リタイア)
「運・不運が入り混じったこんな日もある。第1レースの3位はグリッドポジションを考えれば上出来だ。運良くアクシデントに巻き込まれることもなかった。第2レースは、スタートで失敗してしまった。私のミスなのか、クラッチの不具合なのかは分からないが何かおかしかった。その後BMWを抜こうとした際に接触し、ホイールを傷めてリタイアしなければならなかった」

■エリック・ネーヴ監督(チームマネジャー)
「熱狂的な大観衆と10ヵ国から集った大勢のシボレーのゲストの前で、再び1−2フィニッシュを果たすことができて喜んでいる。何よりも素晴らしい大歓迎を受けたことが忘れられない。来年もこのスロバキアに戻って来ることを楽しみにしている」

■レース1結果
1位:タルキーニ選手(セアト) 22分42秒275(10周)
2位ドゥドゥカロ選手(セアト) +2秒484
3位:メニュ選手(シボレー クルーズ) +4秒194
4位:セルキー選手(BMW320TC) +6秒992
5位:ディアステ選手(BMW320TC) +7秒987
11位:ミューラー選手(シボレー クルーズ) +21秒174
17位:ハフ選手(シボレー クルーズ) 3周

■レース2結果
1位:ハフ選手(シボレー クルーズ) 22分38秒101(10周)
2位:ミューラー選手(シボレー クルーズ) +2秒029
3位:タルキーニ選手(セアト) +2秒555
4位:コロネル選手(BMW 320TC) +2秒153
5位:ディアステ選手(BMW320TC) +8秒859
6位:オリオラ選手(セアト) +9秒352
リタイア:メニュ選手(シボレー クルーズ)

■WTCCドライバーズ・チャンピオンシップのポイント
1位:イヴァン・ミューラー選手(148ポイント)
2位:ロバート・ハフ選手(122ポイント)
3位: アラン・メニュ選手(121ポイント)
4位: トム・コロネル選手<BMW>(93ポイント)
5位:タルキーニ選手<セアト>(87ポイント)

■WTCCマニュファクチュアラー・チャンピオンシップのポイント
1位:シボレーチーム(337ポイント)
2位:セアト(219ポイント)
3位:BMW(208ポイント)

次回のWTCC第5ラウンドは、5月6日に、ハンガリーのブタペストで行われます。なお、WTCC日本ラウンドは、第10戦目として10月19日(金)~21日(日)に、三重県の鈴鹿サーキットで開催される予定です。


■シボレーとレースについて
「シボレー」は1911年にアメリカで誕生し、昨年11月に、ブランド創立100周年を迎えました。「『競争』は私たちの遺伝子の中に」-シボレーが掲げるコンセプトの通り、20世紀のはじめにシボレー・ブランドの創始者であるルイ・シボレー自らが作った車でレースに参加して以降、シボレーは数多くのレースに参加するとともに、多くの名誉ある勝利を重ねてきた。その裏側には、モータースポーツによって課せられる厳しい条件を、シボレーの新技術の有用性を試すための性能実験場として活用してきたシボレーならではの戦略と努力がありました。昨年の6月、シボレー・コルベットC6.Rは、世界的に有名なル・マン24時間耐久レースに参加し、GTカー部門で見事、優勝を果たした。さらに、今年から米国インディーカー・シリーズに再参戦することが決まっています。なお、シボレーについての詳細は、Webサイト(http://www.chevrolet.co.jp/)をご参照ください。