Press Release プレスリリース

2012.06.07

キャデラック・シボレー静岡、今秋のオープンに向け、開設準備室をオープン

キャデラック・シボレー静岡、今秋のオープンに向け、開設準備室をオープン

今秋の店舗オープンに先駆け、キャデラックおよびシボレーブランドの全車両の販売を開始


ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井澄人、略称:GMジャパン)は、本年4月にGMの正規ディーラー契約を発表した静岡三菱自動車販売株式会社(所在地:静岡県静岡市、代表取締役社長:宮崎 允夫)が、今秋にショールームをオープンする「キャデラック・シボレー静岡」の開設準備室を6月9日(土)にオープンすることを発表しました。これに伴い、「キャデラック・シボレー静岡」は、GMが日本で取り扱うキャデラックおよびシボレーブランドの全車両の販売を開始します。

本年4月の発表後、静岡市を中心とした静岡全域からの問い合わせや反響により、また、これまでキャデラックやシボレーをご存じではなかったお客様に、アメリカで生まれたキャデラックやシボレーの良さをいち早く知って頂きたく、この度の開設準備室のオープン時から販売を開始することに至りました。なお、GMの新たなグローバル・コンセプトに基づいて開発された新規ショールーム「キャデラック・シボレー静岡」は、今秋に静岡県静岡市葵区にオープンする予定です。


■キャデラックおよびシボレーブランドの販売について

- 名称:「キャデラック・シボレー静岡」の開設準備室
- 販売車種:GMジャパンが正規輸入するキャデラック(http://www.cadillac.co.jp/ )およびシボレー(http://www.chevrolet.co.jp/)ブランドの全車両
- 電話:054-264-3001(代表)
- 営業時間:9:30~18:30


■キャデラックについて

キャデラックは、1902年に誕生し、一世紀以上にわたり、世界のプレミアムカーを牽引してきたアメリカン・ラグジュアリー・ブランドです。キャデラック・シリーズは、どのクルマも、キャデラックの伝統である輝く斬新なデザインを持ち、美しさと技術力に裏付けられた(アート&サイエンス)、レッド・ブラデッド・ラグジュアリー(=情熱的なラグジュアリー)ブランドの地位を確立し、他にはない独自の輝きを持っています。日本におけるラインアップは、キャデラックCTSスポーツセダン、キャデラックCTSスポーツワゴン、キャデラックCTSクーペ、キャデラックCTS-V、キャデラックCTS-Vクーペ、キャデラックSRXクロスオーバー、キャデラック エスカレードです。なお、キャデラックについての詳しい情報は、http://www.cadillac.co.jp/ をご覧ください。


■シボレーについて

ボウタイ(蝶ネクタイ)ロゴで有名な「シボレー」は、ブランドコンセプトであるクール(かっこいい)、ファン(楽しい)、フリーダム(自由な)な気持ちになる今時のグローバル・アメリカン・ブランドです。日本において、シボレーは「シボレー コルベット」や「シボレー カマロ」などのスポーツ・タイプが馴染み深いですが、昨年7月末にSUV「シボレー キャプティバ」、11月にワイルド・コンパクト「シボレー ソニック」が発売開始しています。さらに、グローバルにおいては、GMの主流ブランドとして、アメリカの「パッション」と「自由」を兼ね備えたブランドとして、幅広い層から人気が高く、昨年の世界販売台数は476万台を記録し、世界中で支持されている自動車ブランドです。2011年11月に、ブランド誕生100周年を迎えました。なお、シボレーについての詳細は、http://www.chevrolet.co.jp/ をご参照ください。


■静岡三菱自動車販売株式会社について

静岡三菱自動車販売株式会社(本社:静岡市駿河区南安倍3-6-30、代表取締役社長:宮崎允夫)は、1947年(昭和22年)の創業以来、「先見」、「先進」、「先制」を経営理念に掲げ、国産・輸入車の新車販売、中古車販売、車検・点検・自動車修理、自動車部品・用品・関連商品、鉱油脂類の販売、自動車リース、自動車損害保険、火災保険などの損害保険業務を行っています。静岡県静岡市以西から浜松まで、広範囲に広がるネットワーク拠点(新車9拠点、中古車2拠点、鈑金塗装工場2拠点)を有しています。