Press Release プレスリリース

2012.07.18

シボレーの2012年第2四半期の世界販売台数、過去最高の130万台

シボレーの2012年第2四半期の世界販売台数、過去最高の130万台
7四半期連続で世界販売台数を更新


(2012年7月18日、米国・デトロイト発)
ゼネラルモーターズ(略称:GM)のブランドの一つであるシボレーブランドの2012年第2四半期(4~6月)の世界の新車販売台数が、前年同期比2.3%増の130万台を達成したことを発表しました。シボレーブランドとしては7四半期連続の伸びを記録しました。

シボレーのグローバル・マーケティング担当副社長であるクリス・ペリーは、「7四半期連続という記録的な販売台数の要因は、シボレーが高い品質、使いやすい技術、また、世界中の人々が望む表現に富むデザインの商品を生み出しているからです。さらに、素晴らしい新商品を導入することにより、2012年後半が好調であることを楽しみにしています」と述べています。

シボレー クルーズは、発表以来、165万台を販売しており、今年も前半で35万台以上を販売している世界のシボレーブランドのベストセラーです。最近導入されたコンパクトカーのシボレー ソニック(欧州名:アベオ)とミドルサイズ・セダンの2013年シボレー マリブは、世界中のディラーのショールームに広がっています。

シボレーは、昨年、トップ5市場のうち、4市場において、第2四半期に、著しい販売増加を記録しました:

- 米国でシボレーは、5.2%増の513,538台が販売されました。乗用車とパフォーマンスカーの販売は引き続き好調です

- 中国でシボレーは、2.3%増の141,758台が販売されました

- ブラジルでシボレーは、産業全体が4.8%減と低迷する中、販売台数は4.2%減の153,759台となりましたが、6月には、7.5%販売増と改善しています

- シボレーの4番目に大きな市場であるロシアは、13.4%増の57,286台が販売されました。この地域においては、今後数か月の間に、いくつかの新モデルを導入します

- メキシコでシボレーは、11.7%増の41,435台が販売されました

シボレー・ヨーロッパは、産業界全体が6.9%減と低迷する中、西ヨーロッパと中央ヨーロッパで、13.6%増の61,865台を販売しています。2012年の上半期、西・中央ヨーロッパにおいて、34,000台以上のアベオ(米国・日本名:ソニック)の販売により、シボレーブランドとして、結果的に、昨年同期比10.9%増、117,500台以上を販売し、最良のボリュームを達成しました。

さらに、シボレーは、米国において、スモールカーのシボレー スパークやシボレー マリブを今年導入しており、ミッドサイズSUVのシボレー トレイルブレイザーやミッドサイズ・ピックアップ・トラックのシボレー コロラドをタイと他の市場で、ブラジルでは、MPVのシボレー スピン、ヨーロッパでは、シボレー クルーズ ステーション ワゴンを導入します。さらに、第4四半期には、シボレー トラックスの新モデルを導入します。

シボレーは、伝統的かつ今時のアメリカンブランドで、今日、米国市場以外でも、60%以上の販売を記録します。


■シボレーについて

ボウタイ(蝶ネクタイ)ロゴで有名な「シボレー」は、ブランドコンセプトであるクール(かっこいい)、ファン(楽しい)、フリーダム(自由な)な気持ちになる今時のグローバル・アメリカン・ブランドです。日本において、シボレーは「シボレー コルベット」や「シボレー カマロ」などのスポーツ・タイプが馴染み深いですが、昨年7月末にSUV「シボレー キャプティバ」、11月にワイルド・コンパクト「シボレー ソニック」が発売開始しています。シボレーについての詳細は、http://www.chevrolet.co.jp/ をご参照ください。また、GMジャパンのサービス・ネットワークは、全国で120店舗です。さらに、グローバルにおいては、GMの主流ブランドとして、アメリカの「パッション」と「自由」を兼ね備えたブランドとして、幅広い層から人気が高く、昨年の世界販売台数は476万台を記録し、世界中で支持されている自動車ブランドです。昨年11月に、ブランド誕生100周年を迎えました。