Press Release プレスリリース

2012.07.26

GMジャパン、「TSUKUBAのりもの共和国2012」に出展

GMジャパン、「TSUKUBAのりもの共和国2012」に出展
「はしる・のる・さわる」をコンセプトとした夏休みイベントに、キャデラックやシボレーを出品

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井澄人、略称:GMジャパン)は、2012年8月5日(日)に、筑波サーキット(茨城県下妻市村岡乙159)で開催される「TSUKUBAのりもの共和国2012(主催:TSUKUBAのりもの共和国2012実行委員会)http://www.norimonokyowakoku.jp/ 」に参加し、キャデラックとシボレーの車両の同乗試乗付展示を行います。

この度の出展に際し、GMジャパンは、「とにかく乗り物が持つ楽しさを通して日本を元気にしたい」という開催趣旨に賛同し、また、多くの日本車、欧州車が出品する中、この機会に、1902年に誕生し、一世紀以上にわたり、世界のプレミアムカーを牽引してきたアメリカン・ラグジュアリー・ブランドであるキャデラックと、昨年ブランド誕生100周年を迎えたクール(かっこいい)で、ファン(楽しい)で、フリーダム(自由)な気持ちになる今時のグローバル・アメリカン・ブランドのシボレーのクルマで、走って、乗って、触れて頂くことで、現代アメリカン・ブランドのクルマを知って頂きたいと思っています。

出品車一覧(キャデラック2台、シボレー4台)

<キャデラック>

1.キャデラックCTS-Vセダン

- ニュルブルクリンクでセダンとして歴代最速ラップを記録したハイパフォーマンス・モデル
- キャデラック史上最強の415kW(564PS)を誇るスーパーチャージャー付6.2L V8エンジン
- メーカー希望小売価格(消費税込価格):8,720,000円
- キャデラックCTSは、キャデラックCTS Sportセダン(3.0L V6エンジン)の4,900,000円~


2.キャデラックSRXクロスオーバー プレミアム

- キャデラックの伝統である斬新なデザインをもつプレミアム・クロスオーバーSUV
- 3.0L直噴V6エンジンのパワーと経済性、コンパクト化されたボディによる使い勝手の良さ、電子制御LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)付フルタイムAWDシステムによる高い走行安定性
- 「エコカー補助金」の対象車
- メーカー希望小売価格(消費税込価格):5,990,000円

<シボレー>

3.シボレー キャプティバ

- 中央にボウタイ・エンブレムを持つ大胆なデュアルポートグリルとボディの四隅に19インチホイールを配した力強いスタイルを特徴とするミドルクラスSUV
- 最大7名の乗員にとって十分な広さを持つ室内は2−3−2の3列シート配置を採用
- 可変バルブタイミング機構付き2.4ℓ4気筒DOHCエンジン
- メーカー希望小売価格(消費税込価格):3,590,000円

4.シボレー ソニック - MY CUSTOM SONIC ストリート アイコン パッケージ

- 斬新かつ大胆なデザイン、右ハンドル、5ドアハッチバックで、コンパクトカーというセグメントの中では、優れた乗り心地とレスポンスの良いハンドリング、そして広々と、心地良く使い勝手の良い室内空間
- カスタマイズ・カー・プログラム「MY CUSTOM SONIC」により、「シボレー ソニック」をカスタマイズしたストリート アイコン パッケージ
- メーカー希望小売価格(消費税込価格):車両メーカー希望小売価格(「シボレー ソニック 5HB 6AT」:189万円)に、カスタマイズ用品の希望小売価格、取り付け工賃、塗装代金が加わります

5.シボレー カマロ コンバーチブル

- 1967年の初代モデルの発売以来、アメリカを象徴するスポーツカーの代表として絶大な人気を誇る
- 3.6L直噴V6エンジンは、約10kg軽量化され、エンジンの最高出力は227kW(308PS)から241kW(327PS)にパワーアップ
- メーカー希望小売価格(消費税込価格):5,040,000円

6.シボレー コルベットZR-1 クーペ

- 昨年、ドイツのニュルブルクリンクで、7分19秒63を記録したシボレー コルベット史上最速のZR1
- スーパーチャージャー付6.2L V8エンジン476kW(647PS)の驚くべき性能
- メーカー希望小売価格(消費税込価格):14,900,000円


■キャデラックについて

キャデラックは、1902年に誕生し、一世紀以上にわたり、世界のプレミアムカーを牽引してきたアメリカン・ラグジュアリー・ブランドです。キャデラック・シリーズは、どのクルマも、キャデラックの伝統である輝く斬新なデザインを持ち、美しさと技術力に裏付けられた(アート&サイエンス)、レッド・ブラデッド・ラグジュアリー(=情熱的なラグジュアリー)ブランドの地位を確立し、他にはない独自の輝きを持っています。日本におけるラインアップは、キャデラックCTSスポーツセダン、キャデラックCTSスポーツワゴン、キャデラックCTSクーペ、キャデラックCTS-V、キャデラックCTS-Vクーペ、キャデラックSRXクロスオーバー、キャデラック エスカレードです。なお、キャデラックについての詳しい情報は、http://www.cadillac.co.jp/ をご覧ください。

■シボレーについて

ボウタイ(蝶ネクタイ)ロゴで有名な「シボレー」は、ブランドコンセプトであるクール(かっこいい)、ファン(楽しい)、フリーダム(自由な)な気持ちになる今時のグローバル・アメリカン・ブランドです。日本においては「シボレー コルベット」や「シボレー カマロ」などのスポーツタイプのクルマが馴染み深いですが、昨年7月末にはSUV「シボレー キャプティバ」、11月にはワイルド・コンパクト「シボレー ソニック」が発売を開始しています。さらに、グローバルにおいては、GMの主流ブランドとして、アメリカの「パッション」と「自由」を兼ね備えたブランドとして、幅広い層から人気が高く、昨年の世界販売台数は476万台を記録し、世界中で支持されている自動車ブランドです。2011年11月に、ブランド誕生100周年を迎えました。なお、シボレーについての詳細は、Web
サイト(http://www.chevrolet.co.jp/ )をご参照ください。