Press Release プレスリリース

2012.10.05

キャデラック、「ColoR.」とコラボレーション

キャデラック エスカレードアメリカン・ラグジュアリー・ブランドのキャデラック、
ラグジュアリー・エンタテイメント・レストラン「ColoR.」とコラボレーション

セレブリティーの送迎に、フルサイズSUV「キャデラック エスカレード」を提供


ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井澄人、略称:GMジャパン)のプレミアム・ラグジュアリー・ブランドであるキャデラックは、本日、10月5日(金)に、東京・港区六本木のけやき坂下にオープンするラグジュアリー・エンタテインメント・レストラン「ColoR.」とコラボレーションします。

この度のコラボレーションにより、輝くデザインを持った情熱的なアメリカン・ラグジュアリーをコンセプトとした「キャデラック エスカレード」が、オープン月を彩るセレブリティーの送迎に使用されます。

フルサイズSUV「キャデラック エスカレード」は、ダイナミックかつラグジュアリー、都会的な洗練されたデザインと余裕のあるパフォーマンス、そして上質なインテリアを併せ持っています。初代モデルは、1999年に登場し、2007年に発売を開始した現行のモデルは3世代目に当たります。3世代目の開発・改良の際、米国の映画・テレビスター、著名なミュージシャン、スポーツ選手など、セレブリティーからのフィードバックが活かされているのが特徴です。また、「キャデラック エスカレード」は、アメリカの成功のシンボルとして、人気が高いクルマです。

GMジャパンは、今年からが「キャデラック エスカレード」を正式に輸入・販売することにより、昨年よりも魅力的な価格の実現を可能にしました。昨年の12月に提供を開始した「キャデラック・メンテナンスケア付帯プログラム」や「キャデラック・新車保証延長プログラム」など、アフターサービス・プログラムも充実しています。

■「キャデラック エスカレード」の主な特徴

- 「レッド・ブラデッド・ラグジュアリー(=情熱的なラグジュアリー)」ブランドの独自の輝き

キャデラック エスカレードは、洗練された美しさと技術力に裏付けられた「アート&サイエンス」をデザイン・コンセプトに、誰もが振り返る迫力のスタイル、強靭なフレームに支えられた全長5,155 mm、全幅2,040mm、全高1,945mmの堂々たるボディを持ち、キャデラックの特徴である大型フロントグリルや大型22インチクロームアルミホイールなど、どこから見てもアメリカン・ラグジュアリーの象徴たるフルサイズSUVです。

- セレブリティライフ、ファーストクラスをイメージさせる豪華で優雅なインテリアと装備

今回導入する仕様は、3列シート/7人乗り。上級モデルのプラチナムには、最高級アニリン仕上げのテハマレザーシートを装備し、上質で柔らかい手触りとともに、ゆったりとくつろげる快適な居住空間を提供します。また、同じくプラチナムには、オーバーヘッド リアシート エンターテインメント システムを装備しており、後席で映画、ビデオゲームを楽しむことができます。さらに、プラチナムには、冷たい飲物、温かい飲物の両方を保持できるユニークなヒート&クール カップホルダーは、ヒートは60℃、クールは1.7℃の温度を保つことできるのが特徴です。乗り降りの際、ドアの開閉に連動し、自動的にステップが出て、乗り降りを楽にするパワーリトラクダブルアシストステップを装備しており、ラグジュアリーカーらしいホスピタリティを配慮した装備が充実しています。全てのモデルに搭載されるBOSE社製5.1chサラウンド・サウンド・システム(10スピーカー)は、オーディオルームさながらの最高の音響空間を提供します。

- 高剛性ボディとパワフルな6.2ℓV8エンジン

オールアルミ製6.2ℓV8エンジンは、可変バルブタイミング機構を備え、301kW(409PS)/5,700rpmのパワーと563N・m(57.4kg・m)/4,300rpmのトルクを生み出します。一方、軽負荷での走行時には8気筒のうちの半分の
4気筒のみに燃料噴射し、燃料消費を抑えるアクティブ・フューエル・マネジメントシステムを備えています。これは
一定の条件下ではV型4気筒エンジンとして働いて燃費を抑え、また、必要な場合にはスムーズかつ瞬時(20mSec)にV型8気筒に復帰し、十分なパワーを提供するシステムです。V8エンジンの強大なパワーは、電子制御6段オートマチックとセンターディファレンシャルを介して前後アクスルに通常40:60の比率で配分されます。

- 安定した走行性能と安全性と装備

キャデラック エスカレードは、横転抑制機能付きスタビリトラック(車両安全性制御システム)やABSと統合制御されるこのフルタイム4WDシステムによって、路面状況にかかわらず高い走行安定性を誇ります。さらに、サスペンションにはキャデラックが最初に実用化し、現在、キャデラックCTS-Vにも採用されている高性能なマグネティック・ライドコントロールが装備されています。これは道路状況や走行状況を各種センサーがミリセカンド単位(1 mSecミリは1/1,000秒)で検知し、磁性流体を封入したダンパーの減衰力を自動的に制御するシステムであり、減衰力の変化は文字通り瞬時に(5 mSec)行われ、ダンピングを常に適切にコントロールします。また、3列目の乗員まで保護するヘッド カーテンサイド エアバッグなど、最新の安全装備を備えています。


<メーカー希望小売価格(消費税込価格)>
- キャデラック エスカレード 8,490,000円
- キャデラック エスカレード プラチナム 9,900,000円
- オプション価格(税込)
  ボディカラー:ホワイトダイヤモンド 126,000円
  フロント&サイドビューカメラ システム 198,000円(プラチナムには標準装備)


■ キャデラックについて
 キャデラックは、1902年に誕生し、一世紀以上にわたり、世界のプレミアムカーを牽引してきたアメリカン・ラグジュアリー・ブランドです。キャデラック・シリーズは、どのクルマも、キャデラックの伝統である輝く斬新なデザインを持ち、美しさと技術力に裏付けられた(アート&サイエンス)、レッド・ブラデッド・ラグジュアリー(=情熱的なラグジュアリー)ブランドの地位を確立し、他にはない独自の輝きを持っています。日本におけるラインアップは、キャデラックCTSスポーツセダン、キャデラックCTSスポーツワゴン、キャデラックCTSクーペ、キャデラックCTS-V、キャデラックCTS-Vクーペ、キャデラックSRXクロスオーバー、キャデラック エスカレードです。なお、キャデラックについての詳しい情報は、http://www.cadillac.co.jp/ をご覧ください。


■ 【ColoR.】について

ColoR.は、「ラグジュアリー」、「インターナショナル」をテーマに、2012年10月5日(金)に東京・港区六本木ヒルズ近くにオープンする、ラグジュアリー・エンタテインメント・レストランです。約1,500人を収容するラグジュアリーな空間で、最高級のエンタテイメント、音楽、ヴィジュアル、味、ホスピタリティを提供し、国内外の有名DJ、アーティストたちを招聘したイベントを予定しています。なお、ColoR.の公式HPは、http://www.color-tokyo.com/ をご覧ください。

住所:東京都港区六本木5-10-25 EXけやき坂ビルR棟1階
アクセス:東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線六本木駅から徒歩5分
東京メトロ南北線/都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅から徒歩5分