Recall Information リコール情報

chevroletリコール関連情報

オプトラに関するリコール情報

リコールの届出番号 外-1366 リコール開始日 平成18年12月6日
不具合の部位(部品名)
原動機(ウォータポンプ)
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
ウォータポンププーリとフランジ部との溶接強度が不足しているため、タイミングベルトが偏心して取り付けられていると、タイミングベルトと当該フランジ部が強く干渉し、溶接が剥がれるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該フランジがプーリから外れ、最悪の場合、タイミングベルトがウォータポンププーリより外れ、エンジンが停止するおそれがある。
改善措置の内容
全車両、ウォータポンププーリフランジとタイミングベルトとの隙間を点検し、隙間の狭いものはウォータポンプを対策品と交換する。また、タイミングベルトがフランジに接触している場合はベルトの幅を 点検し、幅が基準値以下のものについてはタイミングベルトを新品に交換する。

車 名 型 式 通称名 対象車の車台番号(シリアル番号) の範囲
及び輸入期間
リコール対象車の台数
シボレー GH-NA19Z オプトラ KL1NA19ZE5K112832~
KL1NA19ZE5K145446
平成16年12月13日~平成16年12月24日
199
GH-NA35Z KL1NA35ZE5K142586~
KL1NA35ZE6K334108
平成16年12月24日~平成18年1月6日
457
(計2型式) (計1車種) (輸入期間の全体の範囲)
平成16年12月13日~平成18年1月6日
(計656台)